ブログアフィリエイトで日給8万円
花粉対策グッズ販売館

宅ふぁいる便 無料

宅ふぁいる便はいつまで無料?

宅ふぁいる便のルーツは大阪ガスの社内システムです。

社内や大学、研究所間などの大容量ファイルを、何とか安全確実にインターネット上でやりとりできないかと考え出されたシステムがルーツです。

自社内で使っていたのですからもちろん利用料は無料ですが、社内外でこのシステムが評判となり、「一般公開して欲しい」という声に押されて宅ふぁいる便として一般公開されました。

社内では有料化の声もありましたが、結局は無料公開するということになり、1999年に大阪ガスより無料で公開されました。

その後2005年に関連会社のエルネットへ宅ふぁいる便事業は移され、無料サービスとして継続されたのです。

それでは、宅ふぁいる便の無料サービスはいつまで続くのでしょうか。

2006年に30万人だった無料会員は、2007年10月現在で90万人を超えています。

宅ふぁいる便の収益は無料会員からではなく(無料ですからね)、宅ふぁいる便の会員数を狙った企業からの広告収入です。
ですから、宅ふぁいる便に広告が入らなくなると、宅ふぁいる便事業はつぶれてしまいます。無料が有料になる日もくるかもしれません。

ただ、90万人以上のフリーメールアドレスではない無料会員リストは、広告主にとっても大変欲しいリスト(アドレス)です。
広告を打つ対象としては非常に効果の高いリストでもあるので、当面は広告収入で困ることはないと思います。

宅ふぁいる便はいつまでも無料で利用したいですね。


宅ふぁいる便 無料

宅ふぁいる便が無料なわけ

宅ふぁいる便は50MBという大容量のファイルを送受信できるサービスですが、すべてのサービスは無料で利用できます。


こんなサービスは有料でもいいのではと思うのですが、なぜ宅ふぁいる便は無料で利用できるのでしょうか。


もともと宅ふぁいる便は、大阪ガスの社内や取引先とのファイルをやりとりするシステムを開発したのが始まりです。

大事なファイルをインターネットでやりとりできる仕組みが評判になり、一般公開が始まりました。


2007年7月現在で宅ふぁいる便の無料会員は90万人を突破し、1ヶ月当たり2万人以上のペースで無料会員は増えています。

宅ふぁいる便の運営・管理にかかるコストは、広告費の収入によってまかわなれています。90万人の会員に対してメールによるダイレクトな広告が打てるので、広告主にとっては魅力のあるサービスです。

宅ふぁいる便の無料会員は、利用規約に承諾した段階で、宅ふぁいる便便からのメールマガジンを受け取ることも承諾しています。宅ふぁいる便のサイトの広告と、会員向けメールマガジンの広告による収入は結構な額になるのでしょうね。

メールマガジンを購読するだけで宅ふぁいる便のサービスを無料で利用できるならありがたいものです。




宅ふぁいる便 メール

宅ふぁいる便のお知らせメールに似た偽メール

宅ふぁいる便にファイルを送信すると、送信先のメールアドレスに「お知らせメール」が届きます。


宅ふぁいる便からのファイルを受信するためには、お知らせメールに書いてあるダウンロード用URLをクリックしてファイルをダウンロードしなければいけません。


ところが最近このシステムを悪用して、偽の宅ふぁいる便お知らせメールを送信するという事例がありました。

宅ふぁいる便を利用しているユーザーにとっては、お知らせメールを開いてダウンロードするのは当たり前の作業です。

ましてや毎日仕事などで宅ふぁいる便を使っている方は、うっかりこんな偽のお知らせメールが来ても、知らずにクリックしてしまう可能性が高いかもしれません。


もしこんな偽の宅ふぁいる便お知らせメールをクリックしてしまうと、ワンクリック詐欺などの高額請求やその他身に覚えの無い登録などをされてしまう場合もあります。


また、宅ふぁいる便お知らせメールではなく、メールマガジンに似せた偽広告メールの事例もあります。

そういった広告メールから商品やサービスを購入すると、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので気をつけてください。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。